NEWS

ニュース

ご予約・お問い合わせ

03-3583-7454

03-3583-7454

  1. ブログ
  2. 【店舗】ツァイスイコン(IKON)スペアキー作製/キーホルダーの物件名・部屋番号の記入は注意が必要です

2021/07/05

【店舗】ツァイスイコン(IKON)スペアキー作製/キーホルダーの物件名・部屋番号の記入は注意が必要です

こんにちは「カナイ ファインセキュア」店舗スタッフです。

本日は、港区に会社の事務所として利用しているマンションの一室があり、そちらでご使用のツァイスイコンスペアキー作製のご依頼でお客様にご来店いただきました。

スタッフの方が入れ違いになるお時間が出来たため、使用している鍵の本数を1本増やしたいというご要望でした。

作製をお待ちのお客様が前にいらっしゃいましたので、本日は30分程お時間を頂戴し、スペアキーを作製させていただきました。

お客様にご持参いただいた鍵の持ち手部分に、物件名とお部屋番号が書かれたシールを貼られていたため、次のお話をさせて頂きました。


複数の鍵をお持ちの場合、特に見た目が似ている鍵を同時に持つ場合など、鍵に貼ったシールや、鍵札・キーホルダーに物件名とお部屋の号数などをお書きになっている方をよくお見掛けします。

それらが保管用の鍵なら、管理の為に有効ですが、持ち歩く場合には非常にリスクが高いと言えます。

それらの鍵を落とした時、拾った第三者に、「この鍵は〇〇ビル(〇〇マンション)の□□号室の鍵である」というはっきりとした情報が渡ってしまうことになるからです。

持ち歩く鍵にはそれらの情報を記載しないか、どうしても記載が必要な場合にはせめて、情報の一部を伏せておくことをお勧めします。

(6/7ブログ記事より抜粋)

【店舗】鍵を落としてしまった!その状況から考えられるリスクとは?


本日お持ちいただいたキーは保管用のオリジナルキーだったそうですが、普段持ち歩かれているスペアキーにも同じようにシールを貼られているとのことでしたので、「早速そちらの方のシールは剥がしておくことにします」とお話くださいました。

安全性を考えるとその方が安心ですね。
落とし物について、これまで何度かお話をさせていただきましたが、物をなくさない為に有効な商品もございます。次回詳しくご紹介いたします。

※集合住宅の場合は専用注文書が必要になります。お手数ですが、事前に必ず材料の在庫有無や作成方法についてお電話・お問い合わせフォーム等よりご確認ください。
※お電話の受付時間、店舗営業時間につきましては社会情勢を踏まえて変更になる場合がございます。HPにて都度発表させていただきます。

★★★港区、赤坂の鍵交換、防犯対策ならファインセキュアへ★★★
★★★海外錠/ツァイスイコン/IKON/イコン/zeiss ikon/zi-ikon 合鍵作製ご相談下さい。★★★

SHARE
シェアする

お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご相談・
お問い合わせください。

   

 

Page Top